企画展『Thank you -ありがとうを貴方に-』スタートです



本日は新しく始まりました企画展の
ご案内をさせていただきます。


2016年最後の企画展となります。


今年もいろいろな企画展や催しがありました。
ブログを読んでくださる皆様や、
遊びにいらしてくれる皆様に
いつも感謝しています。







       thank you[1]


『Thank you -ありがとうを貴方に-』

 2016年11月22日(火)~12月18日(日)





今回参加してくださったのは――





P1080333[1]
P1080336[1]

磯﨑 雅一 (バッグ)







P1080308[1]
P1080319[1]

中野 由紀子 (ガラス)



<敬称略>



です。







作るものは違っても
どちらの作家様も
使ってくださる方の日々の暮らしに
寄り添い潤すような作品をと、
といった姿勢で制作されております。





P1080353[1]
P1080359[1]





裁断から縫製まで一人の職人で行い、
素材や手作りの風合いに至るまでこだわりぬいた
磯﨑様のバッグ及びレザー作品。


そういったこだわりに加え、
革が時間をかけゆっくりと変化し味を出していきますので、
どうか末永くお付き合いいただければと思います。







P1080369[1]
P1080382[1]





いつでも優しげに、
変わらずそこに佇んでくれているかのような
中野様のガラス作品たちです。


日常に溶け込み、
ふとした折に目を留め癒やされるような、
可愛らしく繊細なガラス作品です。





また、
11/23(水)、11/25(土)、12/3(土)、12/4(日)
には磯﨑様が、

11/26(土)、11/27(日)、12/10(土)、12/17(土)
には中野様が、

それぞれ在廊されています。





誰かの暮らしに寄り添うようにと
想いを込められた作品が並ぶ
『Thank you -ありがとうを貴方へ-』、
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1080367[1]
P1080322[1]





それでは、COAでした。

18:09 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『ART FACE』スタートです


日ごとに秋も深まり
空気も澄んだ冷たさを帯びてきました。


爽やかで気持ちいいですね。
過ごしやすくて良いことです。


さて今日は新企画展のご案内を致します。







       art face[1]


『ART FACE』


期間:2016年10月25日(火)~11月20日(日)




今回は個展となり、作家様は――





P1080275[1]
P1080266[1]
P1080271[1]

三桝 明子 (彫刻家)


<敬称略>



です。







P1080257[1]




『ART FACE』のタイトルを表すように、
三桝様の作品はそのほとんどが『顔』となっています。


人の内面の発露として最も顕著である顔、表情、手。


そういったものから観る側の想像力を喚起し、
その無限に広がる自由な想像という視点を持って
彫刻を楽しんでもらいたい。


そんな願いを持って三桝様は制作されています。





P1080287[1]




作品には木と土の2種の彫刻があります。


土の彫刻では、
歴史的な画家が描いた人物をモチーフに、
三桝様自身のフィルターを通して形にされています。


木の彫刻は、
さきほど書いたように、
観る者のイマジネーションを掻き立てるような
独特で大きな形のものが多いです。







P1080256[1]




また企画展期間中、
ギャラリーの一角にて『Imagine Face』として、
自分の想像の赴くまま、絵を描いて展示できる
スペースがあります。


本当にどのようなものでも良いので、
お気軽に描いていっていただければ幸いです。





自由な想像を楽しむ『ART FACE』。


ぜひお越しいただいて楽しんでいただければと思います。





P1080301[1]




それでは、COAでした。

23:41 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『友達の友達』スタートです


9月も終わり、
気温の面ではだいぶ過ごしやすくなってきた
この頃ですが、
台風が近づくなどで強く降る雨も多いですね。


みな様もどうぞお気をつけください。


それでは、
新しく企画展が始まりましたので、
ご案内したいと思います。







       友達の友達9[1]


『友達の友達』


2016年10月1日(土)~10月23日(日)




参加してくださった作家様は――――




P1080182[1]
P1080184[1]

はっとりさちえ (画家)







P1080166[1]
P1080163[1]

山田ひとみ (手造りバッグ)






P1080140[1]
P1080147[1]

工房ぶどうの木 (布・小物)


                        <敬称略>


です。







P1080187[1]




画像はポストカードのものですが、
はっとり様の作品は子供をモチーフにしたものが多く、
一見するとその可愛らしさ、色彩、躍動感などに目を奪われます。

その一方で、
作品ごとの世界や人物の表情、タイトルなどからも
感じ取ることができるものが様々にあり、
そういったものたちが混然となって
作品の深みになっているように思います。







P1080153[1]




個性的で目をひくバッグ達は
山田様の手によるものです。

刺繍をあしらったものが多いのですが、
着飾った女性や、生き生きした女性などが
主に描かれています。

刺繍に合わせてワンポイントで
小物が付いていたりする作品もあり、
オリジナリティが高いです。







P1080141[1]




ぶどうの木様からさまざまな小物・服などを
展示させていただいております。

画像は落ち着いた秋色の服達です。
落ち着いていながらも、麻素材で重い印象になりません。

可愛らしい布製の小物も展示してあります。
ぜひ見ていってください。







また、期間中に
カトルコーヒー様が来てくださいます。




       カトルコーヒー3[1]


2016年10月18日(火) 11:00~






企画展『友達の友達』、
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1080196[1]




それでは、
COAでした。

17:46 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展「ただいま『○○中』」スタートです


残暑はまだまだ厳しいですが、
それでも朝夕など
ちょっと涼しくなってきたかな、と感じます。


夏の終わりを感じさせるこの時期というのは
毎年少し寂しい心持ちになりますね。
皆様はいかがでしょうか。




さて、
今日は新たな企画展のご紹介をしたいと思います。







  ただいま[1]


「ただいま『○○中』」


2016年8月23日(火)~9月18日(日)




参加してくださった作家様は――





P1080027[1]
P1080033[1]


酒井 一樹 (絵描き)







P1080009[1]
P1070994[1]


山脇 隆 (木工房かし)




<敬称略>




です。







P1080045[1]
P1080036[1]




今回の企画展タイトルですが、
「ただいま『○○中』」とのことで、
酒井様の作品は『工事中』が
主なテーマとなっています。


風景や身の回りにあるものなどを
モチーフにされる作家さまですが、
色と色をぶつけるように、
混ざり、滲み、形を歪ませたりなどすることによって、
独特の密度を付与しています。







P1080004[1]
P1080024[1]


酒井様が『工事中』なら
山脇様は『食事中』となります。


主には木工のカトラリーが中心で、
他にもアクセサリー類などもあります。


市販の木材ではなく、
樫、梅を中心に木の切り出しから乾燥、
製作、仕上げの全てを工房で行われております。


それゆえに、
形状や色味、風合いなど、ハッキリと個性を
感じる仕上がりとなっています。







また、
酒井様は9/4(日)に、
山脇様は、8/28(日)、9/4(日)に、
それぞれギャラリーに在廊されております。


企画展「ただいま『○○中』」、
お気軽にお越しになってご覧いただければ幸いです。







P1080021[1]


それでは、COAでした。
20:15 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『鉄の道具展』スタートです



COAです。こんにちは。


いよいよ梅雨も終わり、
夏本番ですね。


皆様も暑さには充分お気をつけください!


さて今日は新しく始まった企画展のご案内をさせていただきます。







       鉄道具[1]


『鉄の道具展』


2016年7月26日(火)~8月21日(日)




今回の作家様は――




P1070923[1]
P1070947[1]
P1070919[1]
P1070880[1]


槇塚 登 (鉄作家)




<敬称略>




です。






P1070951[1]




鉄鍋やフライパン、カトラリーを中心に、
オリジナル鉄器が並びます。







P1070888[1]




鉄作家の槇塚登様は、
香川県高松市にて鉄工所『Steel Factory』を営みながら、
アーティストとしても活動されております。







P1070935[1]




鉄という字を見るとどこか無骨、というイメージがありますが
こうして並べられた鉄器たちを眺めていると、
その風合いにはシンプルなスタイリッシュさを感じます。

スプーンなど、ゴツゴツした表面がどこかむしろ可愛らしかったり。







P1070979[1]




無機質そうでいて、何かノスタルジックな温もりを感じたりもします。


企画展『鉄の道具展」、
皆様にはぜひお越しいただいて、
鉄の魅力をご覧になっていただければと思います。







また、期間中コンサートイベントがありますので
併せてご紹介致します。







       jazz concert2016[1]


『夏の夜のジャズコンサート』


日時:2016年8月6日(土)  19:00~


料金:2000円(ドリンク付き)


定員:20人




ボーカルの阿吹貴美恵様とギターの門田信様による
ジャズコンサートです。


前回の好評につき、
こうして夏の夜にもまた開催させていただくことになりました。


心地良いジャズギターの旋律と、
うっとり聞き惚れるようなボーカルの歌声を
ぜひ聴きにいらしてください。


きっと、素敵なジャズの夜です。




お問い合わせは



電話  :084-956-0117 または
     090-4149-6125
e-mail:u-tu-wa@jade.plala.or.jp




それでは、COAでした。


19:06 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑