企画展『ぐるguru展2』スタートです



新しい企画展が始まりましたので
ご案内致します。





       ぐるぐる[1]


『ぐるguru展2』


2017年10月14日(土)~11月5日(日)





このたびの参加作家様は――







P1090623[1]
P1090660[1]


さとうゆうじ (造型作品)







P1090596[1]
P1090634[1]


さとうゆき (バッグ、エプロン等布作品)





<敬称略>





です。






お二人は香川県坂出市にて、
夫婦で『y工房』という工房を構え、活動しておられます。


お二人の作品の性質や方向性は異なったものなのですが、
異質な素材とそれぞれの個性で空間構成を試みておられます。


ふと気付くと、二人とも「ぐるぐる」でベストマッチ。
それが企画展タイトルの由来です。







P1090638[1]





さとうゆうじさんの「あかりシリーズ」。
鉄でまるで甲骨文字のような、
独特の形の意匠が施されています。


これはゆうじさんが、
手の中で無意識に紙をちぎることで生み出した
「もんけい(文形)」という形で、
一つ一つは意味を持たず言語でも記号でもありません。





P1090663[1]





しかし、それぞれをランダムに並べた時、
文書に似たリズムを奏でます。
見る人の創造力が形を読み解き、
自らのイメージを膨らませる作品です。







P1090675[1]
P1090617[1]







さとうゆきさんの布作品。
バッグやエプロンが主となっております。


異国の地で出会った魅力的な布と
それを使う人々に深い感銘を受けられたそうです。


y工房のサイトのプロフィールには、

――それは時に、じゃがいも等を入れる袋になったり、
赤ちゃんを優しく包むおくるみになったり・・・。
生活の中で織り上げられ、様々な用途にあわせて
姿を変える布のおおらかな美しさ。
あまりに自然な人と布との関係に小さな憧れを感じた。――

と、書かれております。


優しげで穏やかで素朴な風合いは、
日々の暮らしの中での布と人との関係に注目し見つめてきた
ゆきさんの想いがあらわれているようです。







y工房のお二人の個性の空間『ぐるguru展2』。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1090614[1]





それでは、COAでした。

18:59 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kokochiblog.com/tb.php/131-f1385177