企画展『HARU・UMIKAZE』スタートです



COAです。


本日は新しい企画展の
ご案内を致します。







       haruumikaze[1]


『HARU・UMIKAZE』


2017年2月25日(土)~3月12日(日)




今回参加してくださった作家様は――







P1080591[1]
P1080594[1]

GRAPH. (ユーズドセイルバッグ)







P1080613[1]
P1080641[1]

おりひめ (織)







P1080632[1]
P1080588[1]

カガワ ナツコ (写真)







P1080579[1]

プシプシーナ珈琲 (コーヒー、生姜糖)




<敬称略>




です。







P1080600[1]




GRAPH.様よりユーズドセイルバッグです。

セイルとはヨットの帆のことです。

本来帆は風の力で伸びてしまないよう、
とても頑丈につくられているのですが、
それでも数回のレースで形が変わってしまい、
セイルとしての役目を終えてしまうようです。

そのまま廃棄されるセイルにもう一度使いみちを、
と考えられたのがユーズドセイルバッグです。


それぞれのセイルに合わせて作られたデザインは
どれも個性的なものになっています。


爽やかな海風を存分に受けてきた、というのも
素敵に感じられますね。







P1080610[1]




織物を展示させてくださいましたのは、
おりひめ様。

スリランカに住んでおられ、時折日本に帰ってこられるそうです。
スリランカというとインドの南あたり、
世界遺産も多くて神秘と大自然の国ですね。


『さをり織り』という手法を用いられているのですが、これは
「自分の持って生まれた感性を最大限に引き出す」事を主眼に置き、
既成概念や常識にとらわれない、独自性の強い織り方となっております。


スリランカという国でおりひめ様が見られたり感じられたものが
『さをり織り』という自由な手法を通して
作品にあらわれているのではないかと思います。







P1080617[1]




写真作品はカガワ ナツコ様。
香川県の丸亀市で写真の活動をされており、
数々の個展やグループ展などで
作品を発表されておられます。


中判、モノクロなどフィルム写真にこだわりを持っておられ、
風景、自然、日常などさまざまな作品がありますが、
特に本人が好まれているのは人物撮影だそうです。


ぜひご覧になってカガワ様のイメージや感性に
触れていただければと思います。







P1080629[1]




最後はプシプシーナ珈琲様より、
コーヒー、生姜糖です。


プシプシーナ珈琲は、 香川県の高松市にある自家焙煎の
コーヒー豆屋さんです。

コーヒーの袋に描かれているネコの
看板があります。

お店のサイトは こちら になります。
通信販売もしておりますので、よろしければ、ぜひ。


私もブレンドを頂いたのですが、
香りも風味もしっとり深く、美味しかったです。







2月も終わり、3月にもなると、
徐々に春めいてきます。

『HARU・UMIKAZE』が始まって
ギャラリーにあふれている色々な風を、
春の兆しとともに楽しんでいただければと思います。




それでは、COAでした。

19:08 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://kokochiblog.com/tb.php/116-233030a7