『鉄オブジェ』展です

吉田路子様による素敵な読み語りによって、
宮沢賢治世界、『イーハトーブからの風』も
無事結びとなりました。

お集まりいただいた方達にも深く感謝しております。
ありがとうございました。


――さて、
ギャラリー器はまたしてもガラリと顔を変えることとなりました。

今度の作品群は面白いです。
離れて見るより、顔をグッと近づけてじっくり眺めますと、
より面白いかもしれません。


『鉄オブジェ』展が始まりました。


鉄のオブジェ[1]


P1000715[1]P1000727[1]

テーマは鉄で出来たオブジェ。
これらはただの鉄ではなく、農機具や工具など鉄の部品や廃材などが
主となって構成されています。


P1000769[1] P1000766[1]

このたびの作家様は、

西岡 良和   (造形・彫刻)

<敬称略>

です。

作品のひとつひとつに、西岡様によってタイトルが
付けられております。


P1000740[1]

こちらは同氏によるテラコッタ。
余談ですが私はこの猫の横顔がとても気に入りました。


P1000733[1]

まるで画像の上に絵を描いたかのような雰囲気ですね。
独特な存在感があります。


P1000756[1] P1000749[1]

開催期間ですが、
6月25日(火)~7月14日(日)
となります。

また、6月29日(土)19:00より、
西岡良和様の『作家と雑談会』を催します。


tetu2.jpg

こちらは無料でご参加いただけます。
どうぞお気軽にいらしてください。


P1000743[1]

COAでした。

17:42 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

読み語りがありました。

梅雨にしては雨が少ない最近でしたが、
先日は雨天となりました。


そんな中で行われた宮沢賢治世界の読み語りイベントでしたが、
たくさんの方に足を運んでいただき、誠に感謝の至りです。
ありがとうございました。


P1000549[1]_compressed

次回の読み語りは、6月22日(土)の19時~20時となります。

日が落ちてからのギャラリー器も、私が言うのもなんですが、
なかなか良い雰囲気ですので、賢治世界の幻想的な空気とも
相性が良いのではないかと思います。

夜の読み語り、聴きに来ていただければ幸いです。
参加費用は1000円で、コーヒーとお菓子をお出しさせていただきます。



P1000551[1]_compressed P1000554[1]_compressed

銀河鉄道の夜切り絵ポストカード、羊毛人形ポストカードなども
置いてあります。


P1000559[1]_compressed

また、KOHARU-BIYORI様のファブリック作品。
こちらも大変好評をいただいております。

どうぞお越しの際にはご覧になっていってください。



さて、話は変わるのですが、
ギャラリー器はあたらしいセミナーを予定しております。


和食レシピ[1]

『和食レシピ』。

あまり凝った内容ではなく、簡単にでき、
しかも様々な料理に応用がきく。

そういった和食に関するコツを、
調理師の北村 晋也様が伝授してくれます。


今年の夏はことに暑くなるそうですが、
それほど手間をかけず、それでいて美味しく
乗り切りたい方は是非お問い合わせください。

(※ひと月に2回行われておりますが、
  どちらも同じ内容です。
  7月と8月の講座の内容は異なります)

16:56 | ギャラリー | trackbacks (0) | edit | page top↑

宮沢賢治の世界です

『イーハトーブからの風』、始まりました。

ギャラリー内も前回の花散歩展からガラッと雰囲気が変わっております。


P1000473[1]P1000459[1]

作家の吉田路子様の切り絵がズラリと並び壮観です。
切り絵という独特の味を持つ表現で、物語のシーンを描いています。


P1000476[1]

1枚目の画像の奥に見えておりますのは、安倍裕子様の羊毛人形……
セロ弾きのゴーシュ。


P1000462[1] P1000502[1]

温もりや愛嬌を感じさせ、
切り絵とも相まってギャラリー内に小さな世界を構築しています。


P1000496[1] P1000501[1]

作りもとても細かいのですよ。
ジッと眺めていたくなります……


P1000484[1] P1000482[1]

また、KOHARU-BIYORI様の
ファブリック作品も並べさせていただいております。
特にお薦めしますのは、ネッククーラー。

一見スカーフなのですが、
中に繰り返し使える氷冷剤のようなものを仕込んでおり、
夏場でも首元を涼しげに飾るだけでなく、
実際に首元を冷やして涼しくしてくれるという品です。

これからの季節、色んなシーンで役立つと思います。


P1000467[1]

ギャラリー器の中で織り成されております、宮沢賢治の世界、
どうぞお越しになってご覧ください。
13:34 | ギャラリー | trackbacks (0) | edit | page top↑

次回企画展の紹介です

福山ではかなり早い梅雨入りとなりました。

湿気のある日が続きますが、こうした日々を経て、
カラリとした生命力あふれる夏に移っていくのも
四季を感じさせて風情がありますね。


さて、
次回企画展は、『イーハトーブからの風』

テーマはもちろん宮沢賢治です。


イーハトーブ1

開催期間は、
6/4(火)~6/23(日)


このたび参加してくださる作家様は、

吉田 路子     (創作切り絵)
安倍 裕子     (羊毛人形)

<敬称略>

です。


イーハトーブ2

また、
6/15(土) 13:30~15:00 に
『宮沢賢治の世界』の読み語り、及びチェロによる演奏、

6/22(土) 19:00~22:00 には
『夜の器を楽しむ会』の読み語りが開催されます。


参加費はともに1000円で、コーヒーと菓子がお伴に付きます。



自然を愛し、人間の生き方の理想を追い求めた宮沢賢治の
叙景的で感受性・想像力豊かな世界に魅せられた作家様の作品、
どうぞご覧になっていってください。

17:18 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑