FC2ブログ

企画展『庭:Re』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内致します。







       庭:Re大[1]


『庭:Re』


期間:2020/11/14(土)~11/29(日)







今回参加してくださったのは――







IMG_0442[1]
IMG_0406[1]
IMG_0413[1]
IMG_0409[1]

MIZUE HASHIMOTO(オブジェ/アクリル画/イラスト)




<敬称略>



です。







独自の個性や世界、カラーを感じさせてくれる作品群。
これらを手掛けたMIZUE HSHIMOTOさんの個展となります。


福山市での個展は初となるそうで、
当ギャラリーとしても嬉しく思います。







IMG_0400[1]
IMG_0422[1]
IMG_0433[1]
IMG_0439[1]







オブジェやイラストも実に様々なイメージや
コンセプトを感じさせてくれます。


またギャラリー内の飾り付けも印象的なものになっており、
サーカスをイメージして空間を作られたそう。
ぜひご覧ください。







IMG_0448[1]







企画展タイトルのRe とは生まれかわる、
再生する、続ける、繋がる様々な意味を含めて
このタイトルにされたそうです。


『コロナという中で不安がたくさんありました。
 でも前向きに生き抜くため、元気で皆さまが過ごせれる日々が
 やって来ますようにと祈りながら手掛けました。』


(カッコ内はご本人インスタグラムからの引用です)







IMG_0459[1]
IMG_0467[1]
IMG_0469[1]







ギャラリー2階部にも作品を展示しております。
こちらもあわせ、ぜひMIZUE HASHIMOTO ARTWORKSの
世界を楽しんでいただければと思います。


また作家在廊日は

11/14・15・28・29

となっております。




それでは、COAでした。


18:59 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『アンティークヴィンテージボタンアートアクセサリー展 ~小さなボタンの物語へ~』始まりました



新企画展のご案内です。







       ボタンアートアクセサリー展デザイン大[1]

『アンティークヴィンテージ
 ボタンアートアクセサリー展
 ~小さなボタンの物語へ~』



期間:2020/10/24(土)~11/8(日)







このたび参加してくださったのは――







IMG_0345[1]
IMG_0353[1]
IMG_0383[1]

大熊 郁代(ボタンアート作家)




<敬称略>




です。







過去にも幾度か展示させていただいている
大熊郁代さんのボタンアート。


都度、大変な好評を博しておられます。


ボタンアートという言葉が示す通り、
さまざまなボタンを組み合わせて
ネックレスやイヤリングなどの別のアクセサリーに仕上げています。


大熊郁代さんのボタンは、
大熊さんが長年に渡り収集してきた
ヨーロッパのアンティーク・ヴィンテージボタンを
主に使って作られています。







IMG_0348[1]
IMG_0363[1]
IMG_0374[1]







独特で印象的な存在感をはなつデザインながらも、
アンティーク・ヴィンテージならではの
風合いがしとやかな上品さが加わり目を引きます。







IMG_0370[1]
IMG_0381[1]
IMG_0399[1]







――小さなボタンから始まる
トキメキの世界を感じていただければ幸いです――


これが製作者である大熊郁代さんの想いです。


『アンティークヴィンテージボタンアートアクセサリー展
 ~小さなボタンの物語へ~』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







IMG_0393[1]







それでは、
COAでした。


18:56 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『ぐるguru2人展 Vol.5』始まりました



新しい企画展のご案内です。







       ぐるguru5大[1]


『ぐるguru2人展 Vol.5』

さとうゆうじ+ゆき


期間:2020/10/3(土)~10/18(日)
※最終日は16:00終了となります







このたび参加してくださったのは――







IMG_0286[1]
IMG_0310[1]

さとうゆうじ(造形・絵画)







IMG_0294[1]
IMG_0326[1]

さとうゆき(布作品)




<敬称略>



です。







お二人は香川県坂出市にて、
夫婦で『y工房』という工房を構え、活動しておられます。


お二人の作品の性質や方向性は異なったものなのですが、
異質な素材とそれぞれの個性で空間構成を試みておられます。


ふと気付くと、二人とも「ぐるぐる」でベストマッチ。
それが企画展タイトルの由来です。







IMG_0317[1]
IMG_0299[1]







独特の意匠と存在感で
見るものに様々なイメージを抱かせる
さとうゆうじさんの「もんけいのあかり」、
そしてクロッキー画です。


コロナ禍の中で
アトリエ内でできる瞬発的な形の魅力を模索し、
ものづくりの原点を探っているゆうじさん。


こうした状況におかれましても
ゆきさんと共に積極的に創作活動を展開しておられます。







IMG_0313[1]
IMG_0304[1]







さとうゆきさんの布作品。
バッグが主ですが、他にも布を用いた日用品なども。


異国の地で出会った魅力的な布と
それを使う人々に深い感銘を受けられたそうです。


コンセプトは
飾らない気持ちで心地よく使えるもの。
ゆるやかに しなやかに かろやかに。
そんな作品 自分自身で
いられたらいいな…と思ってます。


とは、さとうゆきさんの言葉。


優しげで穏やかで素朴な風合いは、
日々の暮らしの中での布と人との関係に注目し見つめてきた
ゆきさんの想いがあらわれているようです。







IMG_0307[1]
IMG_0336[1]







y工房のお二人の個性の空間『ぐるguru2人展 Vol.5』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。


それでは、
COAでした。


17:59 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『サヌキ鉄器時代 槇塚登 鉄の道具展』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







  サヌキ鉄器時代大[1]

『サヌキ鉄器時代
   槇塚登 鉄の道具展』


期間:2020/9/19(土)~9/27(日)
※この企画展期間中は休日なしとなります







このたび参加してくださったのは――







IMG_0270[1]
IMG_0250[1]
IMG_0238[1]

槇塚 登(鉄作家)




<敬称略>




です。







鉄作家の槇塚さんは
香川県高松市にて槇塚鉄工所を営んでおられます。


建築金物や製缶以外にも
「Steel Factory」事業として
表札や椅子などの生活小物からオリジナル家具、
エクステリアやオブジェ、
フライパンやカトラリーなど……
鉄を用い暮らしの道具を幅広く製作しています。







IMG_0283[1]
IMG_0263[1]







今回展示させていただいているのは、
フライパンやカトラリーなどの食器・調理器具。
そしてアウトドアツールになります。







IMG_0245[1]
IMG_0275[1]







Steel Factoryのコンセプトとして、
周りと調和しながらも、輝きを放つものにしたいという
そんな想いの込められた鉄作品の数々。


そこには鉄の持つ力強さ・しなやかさだけではなく、
どこか温かみとか愛嬌のようなものもあわせ持っているように
感じられます。







IMG_0279[1]







素敵な鉄作品の数々が並ぶ
『サヌキ鉄器時代』。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。




それでは、
COAでした。


17:41 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『- わたしニセンニジュウ - ゆわう研究所』後期始まりました



新企画展のご案内です。






       わたしニセンニジュウ後期大[1]


『- わたしニセンニジュウ - ゆわう研究所』

後期 | 珪藻土とアートの回


期間:2020/9/5(土) - 9/17(木)







このたび参加くださったのは――







IMG_0201[1]
IMG_0198[1]
IMG_0212[1]

藤原 博之(珪藻土 bios)







IMG_0162[1]
IMG_0173[1]
IMG_0181[1]

右下 誠(mako、
アーティスト/アートディレクター)





<敬称略>




です。







企画展『- わたしニセンニジュウ - ゆわう研究所』は
前期後期と分かれており、今回は後期、
珪藻土とアートの回となっております。







IMG_0218[1]
IMG_0194[1]







前期の時にも書きましたが、
ゆわう研究所は備後の“ひと・もの・こと”にスポットを当て、
知って、感じて、考えてをコンセプトに
個々の独自のスタイルで表現していくグループです。


今回は珪藻土biosの藤原博之さん、
そしてアーティストmakoこと右下誠さんの展示になります。







IMG_0209[1]







biosさんの珪藻土。


広島県を中心に、
自然素材のメソポア珪藻土(MPパウダー)
の魅力・本当の良さを知ってもらうため
日々活動しておられます。


調湿、消臭、空気清浄に優れ、
環境にも優しい自然素材珪藻土は
生活に取り込むことで快適さがグッと増します。







IMG_0190[1]
IMG_0175[1]







当ギャラリーでも何度も展示させていただいている、
お馴染みmakoさんの作品です。


近頃もますます精力的に活動されており、
ギャラリー2階部では刺繍屋(有)アルファ企画さんとの
コラボ作品も展示しております。







IMG_0226[1]
IMG_0234[1]







こちらもどうぞご覧になっていってください。







IMG_0186[1]







ゆわう研究所の個々が感じる「2020年」を
表現するというコンセプトの
企画展わたしニセンニジュウ。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







また期間中のワークショップもあわせてご案内いたします。







  わたしニセンニジュウWS後期お絵かき[1]


『トートバッグにお絵かきワークショップ』



トートバッグにお絵かき。
用意した絵の中からお好きな絵を選んで塗っていく、
ぬり絵のようなワークショップです。


随時受け付けなので、どうぞお気軽に遊びにきてください。



日時:9月13日(日)
   11:00 - 17:00(随時受付)
参加費:\2000(税込)
※無くなり次第終了となります。








お問い合わせは



電話  :084-956-0117 または
     090-4149-6125
e-mail:u-tu-wa@jade.plala.or.jp





どうぞお気軽にお申し込みいただければと思います。
それでは、COAでした。

17:54 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑