fc2ブログ

企画展『TANBA STYLE』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







  TANBA STYLE大[1]


『TANBA STYLE』


2022/6/11(土) - 6/26(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休




このたび参加してくださったのは――







市野 秀之 (雅峰窯)
市野 元祥 (壺市)
市野 哲次 (悟窯)
市野 勝磯 (陶勝窯)
田中 聡 (丹水窯)
清水 義久 (丸八窯)
大西 雅文 (丹文窯)
市野 太郎 (源右衛門窯)
 <敬称略>




です。







001.jpg
002.jpg







今から800年以上前に生まれた丹波焼は、
瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに
日本六古窯の一つに数えられます。


しかしそういった深い歴史を持つ一方で、
伝統工芸品ゆえに高級そう、とっつきにくいといったイメージもあり、
昨今のライフスタイルからは遠ざかりつつありました。







003.jpg
004.jpg







そんな丹波焼の現状を変えるため、
8軒の窯元有志が現代の暮らしにも沿うように
新たな丹波焼の可能性を探る活動を始めました。
それがTANBA STYLEです。







007.jpg
011.jpg







TANBA STYLEブランドは「TS」と「TS+」の2つを展開しています。


丹波古来から作られてきた
「丹波黒」「白丹波」から着想を得たモノトーンの色使い。
伝統技法の「鎬(しのぎ)」を施し伝統の中にも斬新さを取り入れ、
洋食など現代の食卓にもマッチするよう
8人の職人の技術を結集させ制作された「TS」シリーズ。







009.jpg
010.jpg







その理念を守りつつ、
8人それぞれが作家としての感性や技法で表現し制作する
「TS+」シリーズ。







005.jpg
008.jpg







歴史と伝統を受け継ぎながら、
新しい丹波焼の魅力を提案する『TANBA STYLE』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。


なお、作家在廊日は
6/12(日)となります。







それでは、
COAでした。


16:57 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『mako SOLO EXHIBITION “FRESH”』始まりました



新しい企画展のご案内です。







       mako SOLO EXHIBITION “FRESH”大[1]

『mako SOLO EXHIBITION “FRESH”』


2022/5/21(土) - 6/5(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休








このたび参加してくださったのは――







IMG_2400[1]
IMG_2401[1]
IMG_2432[1]

mako(artist/art director)




<敬称略>




です。







暮らしにアートを。
日常にデザインを。


色んな展示会やイベントを
企画開催されている福山のアーティスト、
makoさんの作品展です。







IMG_2407[1]
IMG_2435[1]







2010年、
自身の姉の経営する美容室をプロデュースしたことをきっかけに、
絵を描き始めたmakoさん。


気付けば作家としての活動開始から干支もひと回りしました。
そんな年に、フレッシュな気持ちで描いた
絵やTシャツなどのグッズをこのたび発表されます。







IMG_2410[1]
IMG_2441[1]







これからも絵を通してみなさんの生活に寄り添えれば嬉しい、
との思いが込められた企画展。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







IMG_2439[1]







それでは、
COAでした。

16:50 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『愉しむ』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







       愉しむ大[1]


『愉しむ』


2022/4/30(土) - 5/15(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休




このたび参加してくださったのは――







IMG_2204[1]
IMG_2300[1]
IMG_2336[1]

キタイリカ(陶器)







IMG_2351[1]
IMG_2355[1]
IMG_2370[1]

うすいみわ(銅版画)




<敬称略>




です。







今回は、キタイリカさんによる陶器作品と
うすいみわさんの銅版画作品を展示する二人展となります。







IMG_2212[1]
IMG_2328[1]
IMG_2330[1]







「こんなのがあったら楽しいかも・使いやすいかも」を考え、
暮らしの中で馴染みやすく使いやすい陶器を作っているキタイさん。


シンプルながらどこか重厚さを感じさせる雰囲気を持っていますが、
実際に手に持った時に伝わる馴染みの良さ、
色んなシーンで映える使い勝手の良さなどを感じていただけると思います。







IMG_2375[1]
IMG_2371[1]
IMG_2381[1]







「生活がちょっと楽しくなるようなものを作りたい」と、
日常に素敵な空間をもたらす作品を作っているうすいさん。


洒脱で雰囲気のある画風、和紙や真鍮を用いた柔らかな色使いなど、
優しげで心和むような世界をご覧いただけます。




作るモノは異なっていますが、
制作への姿勢にどこか似たところのあるお二人の作品展。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。




それでは、COAでした。

18:32 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『すり鉢展』始まりました



COAです。
新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







       すり鉢展大[1]

『すり鉢展』


2022/4/9(土) - 4/24(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休








このたび参加してくださったのは――







IMG_2253[1]
IMG_2265[1]
IMG_2282[1]

ヤマセ製陶所(すり鉢・愛知県常滑)




<敬称略>




です。







愛知県の常滑市ですり鉢製作を営んでおられる、
ヤマセ製陶所のすり鉢&すりこぎ。


以前もギャラリーで展示させていただいたことがあります。
デザインが良い、可愛らしいなど様々な反響をもらいます。
素敵なすり鉢です。







IMG_2257[1]
IMG_2288[1]
IMG_2272[1]







サイズも大小さまざまで、
すり鉢として本来の用途以外でも
どんぶりや茶碗などとしても使用できます。







IMG_2277[1]
IMG_2292[1]







昔ながらの手作り食を支えようと
すり鉢を70年以上も作り続けているヤマセ製陶所。
代々受け継がれてきた想い。
すり鉢ひとつひとつに込められたこだわり。


ぜひお越しになって感じていただければと思います。







それでは、COAでした。

17:12 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『山陰鳥取三人展』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







  山陰鳥取三人展大[1]

『山陰鳥取三人展』


2022/3/12(土) - 3/27(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
月曜日定休







このたび参加してくださったのは――







IMG_2228[1]
IMG_2218[1]

ねじまき鳥靴工房(革靴・革小物)







IMG_2235[1]
IMG_2241[1]

Bunny Lingo(シルバー・ゴールドアクセサリー)







IMG_2193[1]
IMG_2194[1]

伊吹春香(イラスト)




<敬称略>




です。







今回の企画展は、鳥取で活動・活躍をされている
三人のアーティストの作品を展示いたします。







IMG_2233[1]
IMG_2222[1]







『ねじまき鳥靴工房』さんからは革靴、革小物作品。


「シンプルさの中に少しばかりのねじまき鳥らしさを」
という想いを込め、靴を中心に革にまつわるあらゆる製品を
ハンドメイドで作られています。







IMG_2237[1]
IMG_2247[1]







『Bunny Lingo』さんからは
シルバー&ゴールドアクセサリー。


鳥取の因幡白兎伝説をモチーフに、
ウサギに関する作品を主に作っておられます。


また、伝説で白兎が大国主と八上姫を結びつけたように、
人と人との縁を繋げるラッキーアイテムになれば、
との想いも込められています。







IMG_2200[1]
IMG_2202[1]







『伊吹春香』さんからはイラスト。


明るすぎず暗すぎず、
どこか儚さや懐かしさを感じるレトロなタッチで
イラスト制作をされています。


日常の中でふと目に留まったもの、感じた美しさ。
そういったものから着想を得た作品は、
柔らかな情感が漂っているように感じます。







山陰鳥取三人展。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







また、期間中ワークショップがありますので
あわせてご案内いたします。







       山陰鳥取三人展ワークショップ[1]


ワークショップ
「手縫いで作る革小物」


初めての方でも楽しみながら
革小物作りを体験できます。


午前はレザーポーチ、午後はペンケースを作ります。
色はブラウン、ダークブラウン、ネイビーの3色をご用意しています。





日時:3月27日(日)
【レザーポーチ】 10:30 - 12:00
【ペンケース】 13:30 - 15:00
定員:各6名 
参加費:5000円(材料費含む)





お問い合わせ等は以下へお願いいたします。

電話  :084-956-0117 または
     090-4149-6125
e-mail:u-tu-wa@jade.plala.or.jp








それでは、
COAでした。

16:22 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑