fc2ブログ

企画展『Variety 陶器&アクリル画』始まりました。



新しい企画展が始まりましたのでご案内いたします。


2021年も皆様には大変お世話になりました。
今年もどうかよろしくお願いいたします。







       variety2022大[1]


『Variety 陶器&アクリル画』


2022/1/8(土) - 1/23(日)
10:00 - 19:00
※月曜日定休








このたび参加してくださったのは――







IMG_2028[1]
IMG_2043[1]

森永淳俊(陶器・津山)







IMG_1964[1]
IMG_2026[1]

藤岡まゆこ(アクリル画・広島)




<敬称略>




です。







以前開催した『Variety』同様、
今回も作品の性質、経歴から見てきた世界まで異なる二人……
がコンセプトの作品展です。







IMG_2038[1]
IMG_2046[1]







マットな質感とどこかほっとするような優しい色合いで
料理を引き立てる器を作陶する森永淳俊さん。







IMG_1960[1]
IMG_1989[1]







日々暮らす中で感じたまま、
花や蝶をモチーフにしたアクリル画を制作する藤岡まゆこさん。







IMG_2006[1]
IMG_2031[1]
IMG_2013[1]
IMG_1992[1]







ジャンルが違う、ということだけでなく
作品から受ける印象もかなり異なると思います。


作品を通して、二人の作家のこれまで、見ている世界、
制作にあたって大切にしているものなど、
そういったことにも思いを馳せてみると
また異なった見方が生まれるかもしれません。


変化、多様性といった意味を持つ『Variety』、
ぜひお越しになって楽しんでいただければと思います。




なお作家在廊日は、
1/8(土)、9(日)、23(日)となっております。




それでは、COAでした。

15:38 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『リサ・ラーソンフェア』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内いたします。







  リサラーソンフェア2021大[1]

『リサ・ラーソンフェア』


2021/12/11(土) - 12/26(日)
10:00 - 19:00







このたび参加してくださったのは――







IMG_1938[1]
IMG_1915[1]
IMG_1906[1]

リサ・ラーソン(陶芸家)




<敬称略>




です。







独特なユーモラスな表情とウィットに富んだ作風で
世界中に多くのファンを持つ
スウェーデンの陶芸家、Lisa Larson(リサ・ラーソン)。


その代表的な陶器作品、
貴重なヴィンテージ作品などを展示します。







IMG_1910[1]
IMG_1911[1]
IMG_1921[1]







また、日本文化にも関心を寄せ続けてきたリサ・ラーソンが、
彼女ならではの新たな視点で
日本の伝統とコラボレーションする「ジャパンシリーズ」も並んでいます。


クリスマスアイテムや人気の干支シリーズ、新商品など
普段目に触れることの少ない作品にも出会える機会です。







IMG_1931[1]
IMG_1949[1]
IMG_1927[1]







ファンの方も初めてご覧になる方も
ぜひリサ・ラーソン世界に触れていってもらえればと思います。







IMG_1953[1]
IMG_1956[1]







また、ギャラリー2階部では同じくスウェーデンの陶芸家、
マリアンヌ・ハルバーグの作品も展示しています。


こちらも非常に素敵な作品達なので、あわせてご覧ください。







IMG_1946[1]







それでは、COAでした。


10:23 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『山口哲司手描き染絵作品展』と『Thank you』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内いたします。







       山口哲司手描き染絵&Thankyou[1]


『山口哲司 手描き染絵 作品展』


『Thank you “makoのお得がいっぱい”』


2021/11/20(土) - 12/5(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
月曜日定休







このたび参加してくださったのは――







IMG_1823[1]
IMG_1831[1]
IMG_1839[1]

山口 哲司(手描き染め作家)







IMG_1877[1]
IMG_1868[1]
IMG_1874[1]

mako(artist/art director)




<敬称略>




です。







今回はギャラリーの一階部と二階部で企画展同時開催となります。
一階部が『山口哲司 手描き染絵 作品展』、
二階部が『Thank you “makoのお得がいっぱい”』となっております。







IMG_1835[1]
IMG_1850[1]







山口さんは大阪生まれのイラストレーターで手描き染め作家。


風合いのある綿麻の布に、猫や鳥など身近な生き物、
四季折々の草花や風景など、
身の回りに在る自然を柔らかな表情で描き作品にします。


思わず和んでしまいそうな可愛らしく素敵な作品ばかりです。


またオリジナルの注染手拭いもありますので、
そちらもお楽しみください。







IMG_1883[1]
IMG_1902[1]







アーティスト、アートディレクターとして活躍する
makoさんの今回の企画は「感謝祭」。


今年も終わりが近づいてきましたので、
今年の感謝の気持ちを込めて
絵やTシャツの他さまざまなアイテムをお得な価格で並べております。




ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







IMG_1864[1]
IMG_1892[1]







それでは、
COAでした。

16:44 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『ONLY』始まりました



新しい企画展のご案内です。







       only大[1]


『ONLY tatarou&陶作家』


2021/10/30(土) - 11/14(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00)
月曜日定休








今回参加してくださったのは――







IMG_1777[1]
IMG_1790[1]
IMG_1799[1]

tatarou(「竜田靴」デザイナー)







IMG_1758[1]
IMG_1748[1]
IMG_1766[1]

山本 朱(陶作家)




<敬称略>




です。







今回はオーダー革靴「竜田靴」のデザイナーtatarouさんと
陶作家の山本朱(あや)さんの作品展となります。







IMG_1807[1]
IMG_1783[1]







皮革の染め、型どり、手縫いと
一点一点丁寧にこだわって製作されたtatarouさんの手創り靴。


目をみはるような丁寧さと質の高さを持つその靴たちは
ユニセックスで幅広い年齢の方に
長く使っていただけるものになっています。







IMG_1741[1]
IMG_1810[1]







服やバッグなどもありますので、
こちらと合わせてみるのも素敵だと思います。







IMG_1761[1]
IMG_1763[1]







こちらは山本朱さんの陶作品。
動物をモチーフにされており愛嬌にあふれます。







IMG_1816[1]
IMG_1797[1]







身近な動物を観察したり調べたりすることで
性格を想像しながら制作される作品は、
生き生きと個性豊かで愛らしいものばかりです。







ぜひお越しになってご覧いただければと思います。


また、以下の日が作家在廊日となります。


10/30、31  11/13、14


それでは、
COAでした。
15:44 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『アンティークヴィンテージボタンアートアクセサリー展 ~やさしさに…~』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内いたします。







       ボタンアート2021大[1]


『アンティークヴィンテージボタンアートアクセサリー展 ~やさしさに…~』


2021/10/9(土)~10/24(日)
10:00-19:00(最終日は18:00まで)
※月曜日定休







このたび参加してくださったのは――







IMG_1687[1]
IMG_1694[1]
IMG_1719[1]

大熊 郁代(ボタンアート作家)




<敬称略>




です。







大変好評につき今年も開催させていただきます
大熊郁代さんのボタンアート展。


ボタンアートという言葉が示す通り、
さまざまなボタンを組み合わせて
ネックレスやイヤリングなどの別のアクセサリーに仕上げています。







IMG_1698[1]
IMG_1708[1]
IMG_1725[1]







使用されるボタンは、大熊さんが長年に渡り収集してきた
ヨーロッパのアンティークヴィンテージボタンが主であり、
独特な質感・印象的な存在感が目を引きます。







IMG_1709[1]
IMG_1728[1]
IMG_1734[1]







とても魅力的な作品たちなので
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







それでは、
COAでした。


15:38 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑