企画展『寝てもさめてもmakoT(シャツ)展』スタートです


6月に入りまして、
新しい企画展が始まりましたので
ご案内させていただきます。


衣替えの頃ということもあり
半袖で過ごすことが多くなったこの時期に
ピッタリの企画展でもあります。







  Tシャツ[1]


『寝てもさめてもmakoT(シャツ)展』

2017年6月3日(土)~6月25日(日)




企画展タイトルにありますように
今回の作家様は――







P1080950[1]
P1080924[1]
P1080928[1]


mako (デザイナー)


                            <敬称略>


です。







今年もmakoさんのTシャツの季節が
やってきました。


新作もあわせ、100点以上のTシャツや
トートバッグなどが展示されています。







P1080915[1]
P1080936[1]
P1080930[1]





シンプルかつ素朴ながら、
印象的で童心に帰るような可愛らしいデザインたち。


あなたにとってお気に入りの一枚が見つかれば
幸いに思います。




また、makoTを着てギャラリーに訪れたお客様には
プレゼントを贈らせていただいております。







P1080987[1]
P1090016[1]





ギャラリー2階では、
傘やレインウェアなどの雨具を置いています。


もうすぐ梅雨に入りますし、
こちらもご覧になっていただければと思います。






P1080994[1]
P1090012[1]





下から透かせて見ても鮮やかな傘や
車内などで重宝する傘入れなど。


雨続きでも楽しい気分で過ごせそうですね。







P1080912[1]





また、企画展開催中の毎日曜には
BANYORIがやって来て、飲み物を販売しています。


画像のイラストにあるような
パラソルの付いた小さくかわいらしい移動屋台が目印です。


6/4、6/18には
べジッポさんのコールドブレスジュース。
6/11、6/25には
菊地さんのコーヒーと紅茶が来ます。





P1080956[1]
P1080959[1]





『寝てもさめてもmakoT(シャツ)展』、
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1090018[1]





それでは、
COAでした。

23:22 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『JAPANESE MODERN』スタートです





COAです。

5月の企画展のご案内をさせていただきます。







       japanese modern[1]


『JAPANESE MODERN』


2017年5月9日(火)~5月28日(日)





今回は個展となります。作家様は――







P1080902[1]
P1080888[1]
P1080882[1]


三桝 正典 (現代美術)




<敬称略>




です。







P1080819[1]





企画展タイトルにもあるジャパニーズ・モダン。


これは日本の伝統的なデザイン・素材・技術を用いて
再構成された現代美術のことです。


三桝様が目指されている形として、
過去の時代において「日本の美」というものが色濃く栄えた頃に焦点を当て、
そうした「日本の美」を現代へと繋いでいく、というものがあります。


それが現代の新たな「日本の美」へと繋がるのではないか、
とのコンセプトが「ジャパニーズ・モダン」なのです。







P1080894[1]





三桝様はさまざまなお寺や茶室、美術館――

桜下亭(広島:重森三玲作庭茶室)
蘭島閣美術館(白雪楼・広島)
瑞峯院(大徳寺・京都)
明喜庵(爽籟軒・尾道)
ひろしま美術館壁画(広島)
明星院(広島:上田宗箇流和風堂写)
頼山陽史跡資料館居室(広島)
露滴庵(国宝浄土寺・尾道)
洗心庵(なかた美術館・尾道)


といった場所で、襖絵、掛け軸、屏風絵などの作品を
発表されてきました。







P1080846[1]





このたびギャラリー器では、


1Fにジャパニーズ・モダン最新作として、
・市松模様でつぼみを描いた団扇
・アクリルで描かれた、桜をモチーフとした和模様
など


2Fには2006~2016の期間において、
作品制作の下絵、アイディア、デッサンなど、
未公開のドローイングを展示しています。







P1080866[1]
P1080860[1]
P1080870[1]





三桝様が目指すジャパニーズ・モダンの世界、
ぜひご覧いただければと思います。







P1080873[1]





それでは、
COAでした。

19:19 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『ありがとうを贈ります』スタートです



時が経つのも早いもので、
ギャラリー器も5回目の春を迎えました。


本日はそんな5年目を記念した企画展、
『ありがとうを贈ります』をご案内致します。







       arigatou[1]


『ありがとうを贈ります』


2017年4月18日(火)~5月7日(日)




今回参加してくださったのは――







P1080774[1]
P1080772[1]

小林 亮二 (ガラス)







P1080711[1]
P1080726[1]

藤阪 順子 (ファブリック)







P1080798[1]
P1080801[1]

古川 裕子 (写真)







P1080783[1]
P1080787[1]

松井 朋子 (型染め)







P1080735[1]
P1080738[1]

miyoko (手描き染)







P1080747[1]
P1080750[1]

山口 恵 (創作家具)







P1080753[1]
P1080759[1]

吉本 里絵 (紙造形)




<敬称略>




です。







記念、ということで
このたびはオープニングを飾ってくださった
作家様たちに出展をお願い致しました。


ギャラリー器のオープンが2013年4月でした。


そうして現在が2017年4月。
いろいろなことが思い出されます。





P1080768[1]
P1080714[1]
P1080795[1]
P1080792[1]
P1080732[1]
P1080744[1]
P1080781[1]





色んな作家様たち、
そしていらっしゃってくれた皆様たちに
支えられてここまで来られたこと、
感謝の念にたえません。


そうした気持ちを持ち続け、
これからも皆様に楽しんでいただけるよう、
5年目もスタートさせていこうと思っています。


企画展『ありがとうを贈ります』。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。





それでは、COAでした。

17:42 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『陶器.鉄.木による猫作品展』スタートです



暖かな空気が増していき、
春らしい陽気が感じられるようになったこの頃、
ギャラリーにたくさんの猫がやってきましたので
ご紹介致します。







       neko[1]


『陶器.鉄.木による猫作品展』


2017年3月25日(土)~4月16日(日)





今回は個展となります。
作家様は――







P1080699[1]
P1080690[1]
P1080645[1]


西岡 良和 (造形作家)



<敬称略>



です。







過去にも、鉄のオブジェやテラコッタなど
多くの作品を展示させていただいている西岡様ですが、
このたびは猫に焦点をしぼって、ということで
実にさまざまな猫達がやってきています。







P1080684[1]
P1080654[1]
P1080669[1]





デフォルメされた愛嬌いっぱいの猫や、
まるで生きているかのような存在感を感じる猫。
可愛く、ユニークな造形で溢れています。







P1080696[1]
P1080660[1]





こんな独創的な猫たちも。


実にいろいろな造形、表情、魂を持った猫が
迎えてくれますので、
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1080705[1]





眠る猫は平和の象徴でもあるそうですね。

それでは、COAでした。

18:04 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『HARU・UMIKAZE』スタートです



COAです。


本日は新しい企画展の
ご案内を致します。







       haruumikaze[1]


『HARU・UMIKAZE』


2017年2月25日(土)~3月12日(日)




今回参加してくださった作家様は――







P1080591[1]
P1080594[1]

GRAPH. (ユーズドセイルバッグ)







P1080613[1]
P1080641[1]

おりひめ (織)







P1080632[1]
P1080588[1]

カガワ ナツコ (写真)







P1080579[1]

プシプシーナ珈琲 (コーヒー、生姜糖)




<敬称略>




です。







P1080600[1]




GRAPH.様よりユーズドセイルバッグです。

セイルとはヨットの帆のことです。

本来帆は風の力で伸びてしまないよう、
とても頑丈につくられているのですが、
それでも数回のレースで形が変わってしまい、
セイルとしての役目を終えてしまうようです。

そのまま廃棄されるセイルにもう一度使いみちを、
と考えられたのがユーズドセイルバッグです。


それぞれのセイルに合わせて作られたデザインは
どれも個性的なものになっています。


爽やかな海風を存分に受けてきた、というのも
素敵に感じられますね。







P1080610[1]




織物を展示させてくださいましたのは、
おりひめ様。

スリランカに住んでおられ、時折日本に帰ってこられるそうです。
スリランカというとインドの南あたり、
世界遺産も多くて神秘と大自然の国ですね。


『さをり織り』という手法を用いられているのですが、これは
「自分の持って生まれた感性を最大限に引き出す」事を主眼に置き、
既成概念や常識にとらわれない、独自性の強い織り方となっております。


スリランカという国でおりひめ様が見られたり感じられたものが
『さをり織り』という自由な手法を通して
作品にあらわれているのではないかと思います。







P1080617[1]




写真作品はカガワ ナツコ様。
香川県の丸亀市で写真の活動をされており、
数々の個展やグループ展などで
作品を発表されておられます。


中判、モノクロなどフィルム写真にこだわりを持っておられ、
風景、自然、日常などさまざまな作品がありますが、
特に本人が好まれているのは人物撮影だそうです。


ぜひご覧になってカガワ様のイメージや感性に
触れていただければと思います。







P1080629[1]




最後はプシプシーナ珈琲様より、
コーヒー、生姜糖です。


プシプシーナ珈琲は、 香川県の高松市にある自家焙煎の
コーヒー豆屋さんです。

コーヒーの袋に描かれているネコの
看板があります。

お店のサイトは こちら になります。
通信販売もしておりますので、よろしければ、ぜひ。


私もブレンドを頂いたのですが、
香りも風味もしっとり深く、美味しかったです。







2月も終わり、3月にもなると、
徐々に春めいてきます。

『HARU・UMIKAZE』が始まって
ギャラリーにあふれている色々な風を、
春の兆しとともに楽しんでいただければと思います。




それでは、COAでした。

19:08 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑