fc2ブログ

企画展『秋模様』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内いたします。







       秋模様大[1]


『秋模様』

2022/9/17(土) - 10/2(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休








このたび参加してくださったのは――







001.jpg
004.jpg
009.jpg

宮下侑也(アニマルイラスト)







005.jpg
006.jpg
010.jpg

丸川愛(ドライフラワーアート)




<敬称略>




です。







今回の企画展では、
宮下侑也さんのアニマルイラスト、
丸川愛さんのドライフラワーアート
を展示いたします。







002.jpg
003.jpg







動物そして植物を題材として、
自然の神秘と調和に絵で迫る宮下さんのイラスト。


カラフルな色味を使い表現された
大自然のダイナミックな魅力・迫力には思わず目を奪われます。







007.jpg
008.jpg







フラワーアートは
香川県高松市で『茎』という花屋を営んでおられる丸川さんの作品。


四季折々のドライフラワーをはじめ、
さまざまな色や形の植物を独自の感性で組み上げられる作品は
繊細かつ独創的です。







企画展『秋模様』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







また期間中ワークショップもございます。
素敵なリースを作るワークショップです。
とても簡単なのでお子様でも大丈夫です。
こちらもお気軽にご参加ください。







       秋模様リースワークショップ[1]


『リース作りワークショップ』


10/1(土)・10/2(日)
①10:30 - 12:00
②13:30 - 15:00


定員:各4人
参加費:\5500(税込)




お問い合わせは



電話  :084-956-0117 または
     090-4149-6125
e-mail:u-tu-wa@jade.plala.or.jp







それでは、COAでした。


17:09 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『Variety -summer-』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







  variety大[1]


『Variety -summer-』

2022/8/27(土) - 9/11(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休







このたび参加してくださったのは――







001[1]
003[1]
004[1]

眞崎 善太(波佐見焼・一真窯)







007[1]
008[1]
009[1]

榊原 祐介(ワイヤーアート)




<敬称略>




です。







今回の企画展Varietyは、
波佐見焼とワイヤーアートを展示いたします。







002[1]
005[1]







波佐見焼(はさみやき)とは、
長崎県東彼杵郡波佐見町で焼かれる磁器のことです。


ここに窯を構えられている一真窯の眞崎善太さんの作品の特徴は、
真っ白な器にさまざまな模様を手彫りしたもの。
素焼き前の器の表面をカンナで少しずつ削って、
ストライプ、ボーダーを基本に色々なリズムで模様が刻まれています。







006[1]







シンプルな中に洗練された美しさを感じさせる作品ですが、
一方で丈夫で扱いやすく比較的安価なため、
おしゃれな普段使いの器としても最適です。







010[1]
011[1]







なんとも目を引いてしまう存在感の
ワイヤーで作られた立体物は
ワイヤーアート作家、榊原祐介さんの作品。


2009年に自身の美容室に飾るオブジェ作りがきっかけで
ワイヤーアート制作を始められました。







012[1]







一本のワイヤーから生み出される、
単純​であり繊細な一面を持ったその楽しさを伝えていければ……
そんな想いをこめ作られた造形は、
独特な面白さ、奥深い世界を作り出していると思います。







企画展『Variety -summer-』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。




それでは、COAでした。

16:24 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『夏色散歩』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







  夏色散歩大[1]


『夏色散歩』


2022/7/23(土) - 8/7(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休




このたび参加してくださったのは――







IMG_2586[1]
IMG_2601[1]
IMG_2639[1]


須浪亨商店(い草)







IMG_2593[1]
IMG_2589[1]
IMG_2605[1]


平松竹細工(竹細工)




<敬称略>




です。







今回の企画展では、
須浪亨商店さんのい草作品、そして
平松竹細工店さんの竹細工作品を展示販売します。







IMG_2625[1]
IMG_2645[1]
IMG_2611[1]
IMG_2629[1]







それぞれ岡山県で制作活動されており、
自然素材を使った手仕事をされている両者。


どちらの作品にも感じられるのが、
人の手により生み出される柔らかで自然な曲線の素朴な美しさ、
日用品としての強さ、使い良さという点です。







IMG_2635[1]
IMG_2606[1]







またどちらも風が通り抜けるような清々しい、
涼やかな風合いを持ちますので、
夏には特に合うかと思います。


岡山の風土が育んだ手仕事の美と技。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







また期間中ワークショップもございますので、
気軽にご参加いただければと思います。







       いぐさ竹細工ワークショップ[1]




『いぐさ・竹細工 ワークショップ』



いぐさ・竹ヒゴを編んでいき、それぞれ
いぐさでは瓶カゴや鍋敷き、
竹細工では四海波籠(花かご)や鍋敷き
を制作するワークショップです。




いぐさワークショップ
7月24日(日)
瓶カゴ①10:30 - 12:00
鍋敷き②13:30 - 15:00
定員:各6人
参加費:2000円(材料費含)




竹細工ワークショップ
8月7日(日)
四海波籠①10:30 - 12:00
鍋敷き ②13:30 - 15:00
定員:各6人
参加費:3000円(材料費含)



それでは、COAでした。


16:45 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『岩垣奈保 金属加工作品展』始まりました

新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







       岩垣奈保金属加工作品展大[1]


『岩垣奈保 金属加工作品展』
『nahorohan 真鍮アクセサリー展』


2022/7/1(土) - 7/17(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休








このたび参加してくださったのは――







IMG_2527[1]
IMG_2558[1]
IMG_2576[1]

岩垣奈保(nahorohan) - (金属加工作家)




<敬称略>



です。






今回の企画展は
金属加工作家の岩垣奈保(いわがきなほ)さんの作品及び、
彼女の別名義、アクセサリー部門の「nahorohan」さんの
真鍮アクセサリーを展示します。







IMG_2552[1]
IMG_2545[1]







岩垣さんは岩手県遠野市出身で、
現在は岡山に在住され創作活動をされています。


大工である祖父の仕事を生活の中で感じながら、
遠野という自然に囲まれた土地で育った彼女は、
やはり自然に惹かれ、インスピレーションを得ることが多いそう。







IMG_2520[1]
IMG_2550[1]







そういった感性に従って制作される金属作品やアクセサリーは、
繊細さ、丁寧さ、細やかさ、
そしてあたたかみを感じるものとなっています。







IMG_2570[1]







岩垣さんの金属加工作品、真鍮アクセサリー。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。



なお、作家在廊日は
7/3(日)、7/10(日)、7/17(日)
となっております。







IMG_2567[1]







それでは、
COAでした。


16:43 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『TANBA STYLE』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内します。







  TANBA STYLE大[1]


『TANBA STYLE』


2022/6/11(土) - 6/26(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休




このたび参加してくださったのは――







市野 秀之 (雅峰窯)
市野 元祥 (壺市)
市野 哲次 (悟窯)
市野 勝磯 (陶勝窯)
田中 聡 (丹水窯)
清水 義久 (丸八窯)
大西 雅文 (丹文窯)
市野 太郎 (源右衛門窯)
 <敬称略>




です。







001.jpg
002.jpg







今から800年以上前に生まれた丹波焼は、
瀬戸、常滑、信楽、備前、越前とともに
日本六古窯の一つに数えられます。


しかしそういった深い歴史を持つ一方で、
伝統工芸品ゆえに高級そう、とっつきにくいといったイメージもあり、
昨今のライフスタイルからは遠ざかりつつありました。







003.jpg
004.jpg







そんな丹波焼の現状を変えるため、
8軒の窯元有志が現代の暮らしにも沿うように
新たな丹波焼の可能性を探る活動を始めました。
それがTANBA STYLEです。







007.jpg
011.jpg







TANBA STYLEブランドは「TS」と「TS+」の2つを展開しています。


丹波古来から作られてきた
「丹波黒」「白丹波」から着想を得たモノトーンの色使い。
伝統技法の「鎬(しのぎ)」を施し伝統の中にも斬新さを取り入れ、
洋食など現代の食卓にもマッチするよう
8人の職人の技術を結集させ制作された「TS」シリーズ。







009.jpg
010.jpg







その理念を守りつつ、
8人それぞれが作家としての感性や技法で表現し制作する
「TS+」シリーズ。







005.jpg
008.jpg







歴史と伝統を受け継ぎながら、
新しい丹波焼の魅力を提案する『TANBA STYLE』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。


なお、作家在廊日は
6/12(日)となります。







それでは、
COAでした。


16:57 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑