企画展『陶器.鉄.木による猫作品展』スタートです



暖かな空気が増していき、
春らしい陽気が感じられるようになったこの頃、
ギャラリーにたくさんの猫がやってきましたので
ご紹介致します。







       neko[1]


『陶器.鉄.木による猫作品展』


2017年3月25日(土)~4月16日(日)





今回は個展となります。
作家様は――







P1080699[1]
P1080690[1]
P1080645[1]


西岡 良和 (造形作家)



<敬称略>



です。







過去にも、鉄のオブジェやテラコッタなど
多くの作品を展示させていただいている西岡様ですが、
このたびは猫に焦点をしぼって、ということで
実にさまざまな猫達がやってきています。







P1080684[1]
P1080654[1]
P1080669[1]





デフォルメされた愛嬌いっぱいの猫や、
まるで生きているかのような存在感を感じる猫。
可愛く、ユニークな造形で溢れています。







P1080696[1]
P1080660[1]





こんな独創的な猫たちも。


実にいろいろな造形、表情、魂を持った猫が
迎えてくれますので、
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1080705[1]





眠る猫は平和の象徴でもあるそうですね。

それでは、COAでした。

18:04 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『HARU・UMIKAZE』スタートです



COAです。


本日は新しい企画展の
ご案内を致します。







       haruumikaze[1]


『HARU・UMIKAZE』


2017年2月25日(土)~3月12日(日)




今回参加してくださった作家様は――







P1080591[1]
P1080594[1]

GRAPH. (ユーズドセイルバッグ)







P1080613[1]
P1080641[1]

おりひめ (織)







P1080632[1]
P1080588[1]

カガワ ナツコ (写真)







P1080579[1]

プシプシーナ珈琲 (コーヒー、生姜糖)




<敬称略>




です。







P1080600[1]




GRAPH.様よりユーズドセイルバッグです。

セイルとはヨットの帆のことです。

本来帆は風の力で伸びてしまないよう、
とても頑丈につくられているのですが、
それでも数回のレースで形が変わってしまい、
セイルとしての役目を終えてしまうようです。

そのまま廃棄されるセイルにもう一度使いみちを、
と考えられたのがユーズドセイルバッグです。


それぞれのセイルに合わせて作られたデザインは
どれも個性的なものになっています。


爽やかな海風を存分に受けてきた、というのも
素敵に感じられますね。







P1080610[1]




織物を展示させてくださいましたのは、
おりひめ様。

スリランカに住んでおられ、時折日本に帰ってこられるそうです。
スリランカというとインドの南あたり、
世界遺産も多くて神秘と大自然の国ですね。


『さをり織り』という手法を用いられているのですが、これは
「自分の持って生まれた感性を最大限に引き出す」事を主眼に置き、
既成概念や常識にとらわれない、独自性の強い織り方となっております。


スリランカという国でおりひめ様が見られたり感じられたものが
『さをり織り』という自由な手法を通して
作品にあらわれているのではないかと思います。







P1080617[1]




写真作品はカガワ ナツコ様。
香川県の丸亀市で写真の活動をされており、
数々の個展やグループ展などで
作品を発表されておられます。


中判、モノクロなどフィルム写真にこだわりを持っておられ、
風景、自然、日常などさまざまな作品がありますが、
特に本人が好まれているのは人物撮影だそうです。


ぜひご覧になってカガワ様のイメージや感性に
触れていただければと思います。







P1080629[1]




最後はプシプシーナ珈琲様より、
コーヒー、生姜糖です。


プシプシーナ珈琲は、 香川県の高松市にある自家焙煎の
コーヒー豆屋さんです。

コーヒーの袋に描かれているネコの
看板があります。

お店のサイトは こちら になります。
通信販売もしておりますので、よろしければ、ぜひ。


私もブレンドを頂いたのですが、
香りも風味もしっとり深く、美味しかったです。







2月も終わり、3月にもなると、
徐々に春めいてきます。

『HARU・UMIKAZE』が始まって
ギャラリーにあふれている色々な風を、
春の兆しとともに楽しんでいただければと思います。




それでは、COAでした。

19:08 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『YUKO MIZUYOSHI GLASS EXHIBITION』スタートです



COAです。

2月に入りまして、
新しい企画展が始まりましたので、
ご案内させていただきます。





  glass exhibition-[1]


『YUKO MIZUYOSHI GLASS EXHIBITION』


2017年2月1日(水)~2月19日(日)




今回の作家様は――




P1080489[1]
P1080476[1]
P1080526[1]


水吉 郁子 (ガラス作家)



<敬称略>



です。







P1080549[1]
P1080552[1]
P1080574[1]





企画展タイトルからもわかる通り、
このたびは水吉郁子様の作品による個展となります。


その作品の特徴として特筆すべきが、
水吉様が考案されたパウダーフュージングという
オリジナルのガラス技法が取り入れられているということです。


150色以上のガラスを細かく砕いて
砂絵を描くように模様や絵を描き、
電気炉で何度も焼成して作り上げていくのですが、
電気炉の熱でガラスの粉が溶ける時、
細かい気泡が内部に封じ込められ
光が当たると乱反射して優しげな光の透過を演出します。


その質感がパウダーフュージング技法の魅力であり、
まるで温かな和紙のような風合いが楽しめます。







P1080564[1]
P1080546[1]





穏やかな日常の中や、
何気ない自然の中などから感じ取ったイメージ。


季節。情景。色。
可愛らしい、動物や人の顔。


技法もさることながら、
水吉様のガラスの中には
実にさまざまなものが込められています。


ガラスの中に込められた水吉郁子の世界を、
ぜひご覧になっていただければと思います。







P1080523[1]





それでは、COAでした。
22:30 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『魅力の手わざ』スタートです



COAです。


旧年中はみな様に大変お世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願い致します。




さて、
2017年最初の企画展が始まりましたので
さっそくですがご案内させていただきます。







  魅力の手わざ[1]


『魅力の手わざ』


2017年1月7日(土)~1月29日(日)




この度、参加してくださったのは――







DSC_0001[1]
DSC_0017[1]


吉野 瞬 (陶器)







DSC_0026[1]
DSC_0034[1]


カスリラ (備後絣)


<敬称略>


です。







DSC_0024[1]
DSC_0011[1]




益子焼き窯元・佐久間藤太郎窯で8年の修業を経て、
因島にて独立された吉野瞬様の陶器です。


多彩な色やデザイン。

モダンで洗練された印象を受ける一方で、
どこか和むような、
心にすぅっと馴染んでくるような、
そんな温かみも感じさせます。


お越しの際はどうぞ手に持って
その温かさにも触れていただければと思います。







DSC_0025[1]
DSC_0028[1]




カスリラ様から、備後絣。


以前もご紹介させていただきましたが、
丈夫で保温性、吸湿性に優れる綿を
シャトル織機で織りあげていき、
独特の暖かい風合いを表現した織物です。


昔ながらの織り機と手法で
一品一品、丁寧に作られています。


服およびストールなどの服飾雑貨、
小物などを展示しておりますので、
ぜひ備後の伝統的な織物をご覧になっていってください。







DSC_0008[1]
DSC_0035[1]




2017年もみな様に喜んだり楽しんでいただけるような
展示や催しを企画していこうと思っています。


今年もどうぞよろしくお願いしますね。


それでは、
COAでした。


01:17 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『Thank you -ありがとうを貴方に-』スタートです



本日は新しく始まりました企画展の
ご案内をさせていただきます。


2016年最後の企画展となります。


今年もいろいろな企画展や催しがありました。
ブログを読んでくださる皆様や、
遊びにいらしてくれる皆様に
いつも感謝しています。







       thank you[1]


『Thank you -ありがとうを貴方に-』

 2016年11月22日(火)~12月18日(日)





今回参加してくださったのは――





P1080333[1]
P1080336[1]

磯﨑 雅一 (バッグ)







P1080308[1]
P1080319[1]

中野 由紀子 (ガラス)



<敬称略>



です。







作るものは違っても
どちらの作家様も
使ってくださる方の日々の暮らしに
寄り添い潤すような作品をと、
といった姿勢で制作されております。





P1080353[1]
P1080359[1]





裁断から縫製まで一人の職人で行い、
素材や手作りの風合いに至るまでこだわりぬいた
磯﨑様のバッグ及びレザー作品。


そういったこだわりに加え、
革が時間をかけゆっくりと変化し味を出していきますので、
どうか末永くお付き合いいただければと思います。







P1080369[1]
P1080382[1]





いつでも優しげに、
変わらずそこに佇んでくれているかのような
中野様のガラス作品たちです。


日常に溶け込み、
ふとした折に目を留め癒やされるような、
可愛らしく繊細なガラス作品です。





また、
11/23(水)、11/25(土)、12/3(土)、12/4(日)
には磯﨑様が、

11/26(土)、11/27(日)、12/10(土)、12/17(土)
には中野様が、

それぞれ在廊されています。





誰かの暮らしに寄り添うようにと
想いを込められた作品が並ぶ
『Thank you -ありがとうを貴方へ-』、
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1080367[1]
P1080322[1]





それでは、COAでした。

18:09 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑