fc2ブログ

企画展『春模様』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内いたします。







       春模様デザイン


『春模様』


2023/1/28(土) - 2/12(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休




このたびご参加くださったのは――







001_compressed.jpg
003_compressed.jpg

竹内 康雄(鉄彫刻家)







007_compressed.jpg
009_compressed.jpg

伊藤 景子(ガラス作家)




<敬称略>




です。







今回の企画展では、
鉄彫刻家の竹内康雄さんと
ガラス作家の伊藤景子さんの作品を
展示させていただきます。







002_compressed.jpg
004.jpg







竹内さんは広島を拠点に活動されている鉄彫刻家。
若手の鉄作家として、アート作品、プロダクトデザイン、看板類など
鉄を巧みに扱い、様々な造形を制作されております。







005_compressed.jpg
006.jpg







鉄に魅せられた若き作家の
鉄へのこだわりと鉄を通して表現しようとしているもの。
皆様にも感じていただければと思います。







008_compressed.jpg
010_compressed.jpg







目を奪われるガラス作品は
広島在住のガラス作家、伊藤景子さんのもの。


何枚ものガラスを重ね合わせて作る「積層ガラス」という手法を用い、
ガラスの間に和紙などを挟むことで、
見る角度によってさまざまなグラデーションや色合いを作り出します。







011_compressed.jpg
012_compressed.jpg







光の透過による輝き。
角度によって変化するガラスの表情。
ずっと見ていても飽きないような魅力的な作品達。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







なお、ギャラリー2階部にて
「MISTY MOON」細川京子さんによる
ビーズジュエリーアクセサリー作品を展示します。







013_compressed.jpg
014_compressed.jpg







アンティークを感じさせる、
クラシック調の素敵なアクセサリーなので
こちらもぜひあわせてご覧ください。







それでは、COAでした。


16:31 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『書&器』始まりました



新しい企画展が始まりましたのでご案内いたします。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。







        書器デザイン_compressed


『書&器』


2023/1/7(土) - 1/22(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休








このたび参加してくださったのは――







IMG_3501[1]
IMG_3505[1]
IMG_3530[1]

佐野 麻理子(書)







IMG_3541[1]
IMG_3559[1]
IMG_3589[1]

松島 健治(備前焼)




<敬称略>




です。







2023年最初の企画展は、
佐野麻理子さんによる「書」作品と
松島健治さんによる備前焼を展示いたします。







IMG_3509[1]
IMG_3514[1]







佐野麻理子さんの作品の特徴として、
書でも絵でもない、その境界を自由に、
力強く表現されている点があります。


時に楽しげに舞い踊るようなタッチ、
時に重厚さを感じさせる濃淡、
微かに、美しく彩られた色合い。







IMG_3534[1]







見る人によって様々な印象が生まれてくるのも 面白さです。
和洋問わず、いろいろな空間に溶け込むと思います。







IMG_3543[1]
IMG_3579[1]







松島健治さんは岡山県の瀬戸内市にて、
備前焼の単室窯を築く備前焼作家です。


土と炎をで作られた、
素朴ながら独特の土味で落ち着いた
伝統の風格ある備前焼の深い味わい。







IMG_3570[1]







何気なく普段の生活に寄り添って
彩りを与えてくれるという点を大事にしておられ、
作品からは暖かみを感じられます。




二人の作家の個性、表現、こだわり。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。




それでは、COAでした。


16:07 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『ステンドグラス・ビトロ展』 『LISA LARSON FAIR』始まりました



新しい企画展のご案内です。







  1[1]


『ステンドグラス・ビトロ展』

『LISA LARSON FAIR リサ・ラーソンとアーチスト3人展』


2022/12/10(土) - 12/25(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休





このたび参加してくださったのは――







IMG_3396[1]
IMG_3411[1]
IMG_3428[1]
IMG_3473[1]

和泉 久子(ステンドグラス)







IMG_3293[1]
IMG_3339-[1]
IMG_3353[1]
IMG_3371[1]

リサ・ラーソン
マリアンヌ・ハルバーグ
M.B.ゴフスタイン
ドナ・ウィルソン




<敬称略>



です。







ギャラリー1階部でステンドグラス、
2階部でリサ・ラーソンフェア作品を
展示いたします。







IMG_3461[1]







ステンドグラス作家である和泉久子さんは、
北海道の旭川にてデザイン・制作をされています。


一作品、一作品こだわりを持って作っておられ、
一般住宅の他に、教会や学校、病院などの施設への
パネル制作も行われてきております。







IMG_3479[1]







日常生活の中に、
一生をともにする上質な艶やかさと、
穏やかに寄り添い続ける満足感を……
そういったコンセプトで永く創作を続けてこられた和泉さん。


優しい色彩や雰囲気で
空間を彩ってくれる彼女の作品には
ずっとステンドグラスと歩まれてきた
作家としての想いがしっかりと込められています。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







IMG_3303[1]
IMG_3320[1]







2階では今年も開催しますリサ・ラーソンフェア。


スウェーデンを代表する陶芸作家リサ・ラーソンを含む
4人の女性アーチストにフォーカスします。







IMG_3314[1]
IMG_3342[1]
IMG_3384[1]
IMG_3356[1]







対象の魂そのものからカタチを取り出す陶芸アーチスト「リサ・ラーソン」。
現実と夢の境界線を無化する前衛的陶芸アーチスト「マリアンヌ・ハルバーグ」。
愛らしさとメッセージ性とが共存する独特な世界観のテキスタイルアーチスト「ドナ・ウィルソン」。
伝説的な絵本作家として知られる「M.B.ゴフスタイン」の幻想的な作品世界。


スウェーデンで作られているリサ・ラーソンの陶器作品の他、
彼女たちの作品やイラストをモチーフとしたグッズも並びます。







IMG_3338[1]







そしてリサ・ラーソンの新作アイテムや
日本の伝統工芸とコラボしたジャパンシリーズなど、
見ごたえのあるボリュームで展示販売を行います。


こちらもぜひご覧ください。







それでは、
COAでした。

16:33 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『水引ART Wadern STYLE』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内いたします。







  水引ARTデザイン[1]


『水引ART Wadern STYLE』


2022年11月19日(土) - 12月4日(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休





このたび参加してくださったのは――







02[1]
IMG_3003[1]
IMG_3054[1]
IMG_3068[1]


廣瀬 由利子(水引作家・自遊花人)




<敬称略>



です。







水引(みずひき)とは、
祝儀などの際に贈答品の包み紙にかける
帯紐、飾り紐のことです。


いわゆる日本の伝統的な贈答ラッピングとも言えますが、
現在では水引を使用した小物や細工作りなども行われています。







IMG_3123[1]
IMG_3137[1]
IMG_3086[1]
IMG_3060[1]







このたび展示させていただいているのは、
廣瀬由利子さんの水引作品。
廣瀬さんは金沢のギャラリー『自遊花人』にて
水引アートを発信しておられる水引作家です。


「身近に楽しむ水引」をコンセプトに
Wadern STYLE「ワダンスタイル」――
和とモダンをテーマとした作品を制作しています。


美しい日本の水引を伝統文化として残すとともに、
水引の内にある和の心を広く世界に伝えたい。
廣瀬さんはそうした願いを水引に込め、
日々作品を通し発信されています。







IMG_3164[1]
IMG_3172[1]
IMG_3110[1]
IMG_3096[1]







水引アートの持つさまざまな可能性に注目し、
モダンなインテリアや可愛らしいアクセサリーなど、
伝統文化を継承しながらも枠にとらわれない水引作品。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







IMG_3153[1]







それでは、
COAでした。


17:22 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『Variety』始まりました



新しい企画展が始まりましたので
ご案内いたします。







  Variety 工房火々面


         Variety SIRUHA面


『Variety - 工房火々 薮本寛之 器展 -』

『Variety - SIRUHA 持ちモノ展 -』




10/29(土) - 11/13(日)
10:00 - 19:00(最終日は17:00まで)
※月曜日定休







このたび参加してくださったのは――







01.jpg
02.jpg
03.jpg

薮本寛之(陶器)







08.jpg
09.jpg
10.jpg

SIRUHA(財布・バッグ・手帳etc)







ギャラリー1階部で工房火々さんの作品、
2階部でSIRUHAさんの作品を展示します。







04.jpg
05.jpg







自然の美しさを引き出すために、
土を吟味し、窯でじっくりと焼くことで
有機的な質感と力強さを表現する薮本さんの器。


その魅力と独特な艶や繊細さに
惹かれたファンの方もたくさんお見えになります。







06.jpg
07.jpg







日常において使いやすいように
軽い、というのも特徴の一つ。
お手にとってじっくり感じていただきたい作品です。







11.jpg
13.jpg







また、「軽くて使いやすい」というのは
SIRUHAさんの作品も同様のコンセプトを持っておられます。


「シンプルに使いやすく」
普段持ち歩くモノを出来るだけ使いやすく、そして軽く。


書くことが楽しくなるような手帳。
身軽に持ち歩けて使いやすい財布。
使っていくうちに愛着が湧き、
いつでも持って出掛けたくなるようなバッグなど。







12.jpg
14.jpg







軽さ、使いやすさ、そしてお洒落であることにこだわった
SIRUHAさんの作品。
ぜひご覧になっていただければと思います。







なお作家在廊日につきまして、
SIRUHAさんが、10/29(土)、10/30(日)、11/3(木)、
11/12(土)、11/13(日)
に在廊します。


お気軽にお越しください。







それでは、
COAでした。


16:22 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑