夏季休業のお知らせです




       夏季休業[1]




ギャラリー器では下記の期間を
夏季休業とさせていただきます。

ご不便をおかけしますが、
何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。



2017.8.13(日)~9.1(金)




9月2日(土)からは新企画展、
『lib+triumph LIVE×ART展 ~くらしを装う~』
がスタートします。


15:19 | その他 | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『いぐさの夏 -2017- かご&円座』スタートです


梅雨も明け、
本格的な夏がやってきました。


暑い日が続いて大変ですが、
みな様もどうかお体お気をつけください。


さて、
ギャラリーの方でも夏らしい企画展が
始まりましたのでご案内致します。







  いぐさの夏[1]


『いぐさの夏 -2017- かご&円座』


2017年7月22日(土)~8月12日(土)




このたび参加してくださったのは――







P1090171[1]
P1090200[1]

須浪 隆貴 (須浪亨商店 - いかご)







P1090209[1]
P1090217[1]

備後い草再生プロジェクト (円座)



<敬称略>




です。







古くからいぐさの生産地として知られる
倉敷市茶屋町でいぐさのかご、「いかご」を
手作業によって作り続ける須浪亨商店と、
福山の熊野町のいぐさで作られた、
備後い草再生プロジェクトの円座の展示となります。







P1090220[1]





い草の歴史や伝統など、
また、い草がどのような効能を持ち、
どんな風に親しまれてきたか……


あまりに長々とした説明になりそうなので
ここでは割愛しますが、
い草の天然素材らしい香りや肌触りは
どこかノスタルジックな気分にさせてくれるとともに、
昔からずっと親しまれてきたものだと実感させられます。







P1090206[1]
P1090194[1]





夏の陽射しに涼しげに佇む姿が素敵ですね。


やはり今の季節に特に映えると思います。







P1090232[1]





企画展『いぐさの夏 -2017- かご&円座』。


ぜひみな様にもご覧いただき……
香りや手触りも確かめていただければと思います。







また、期間中ワークショップもございますので
あわせてご案内させていただきます。







       瓶かご[1]


『瓶かごを作ろう』


日時:7月29日(土)
    ①11:00~12:00 ②13:30~14:30

定員:各6人

参加費1500円




い草縄を使って瓶かごを作るワークショップです。

い草という素材や、こういうものもあったんだ、と
知ってもらうきっかけとなってくれればと思います。

瓶を入れて下げて飾ったりなどしても、
なかなか小粋で素敵かもしれません。





お問い合わせは



電話  :084-956-0117 または
     090-4149-6125
e-mail:u-tu-wa@jade.plala.or.jp







P1090185[1]





それでは、COAでした。

15:53 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『アンティーク・ビンテージボタンアート・アクセサリー展』スタートです



こんにちは。
COAです。


7月より始まりました、新しい企画展について
ご案内させていただきます。







  アンティーク・ビンテージ-[1]

『アンティーク・ビンテージボタンアート・
 アクセサリー展』


2017年7月1日(土)~7月17日(月)




前回に引き続き個展となります。
このたびの作家様は――







P1090137[1]
P1090121[1]
P1090143[1]

大熊 郁代 (ボタンアート作家)



<敬称略>

です。







ボタンアートという言葉が示す通り、
さまざまなボタンを組み合わせて
ネックレスやイヤリングなどの別のアクセサリーに仕上げています。


大熊郁代さんのボタンは、
大熊さんが長年に渡り収集してきた
ヨーロッパのアンティーク・ヴィンテージボタンを
主に使って作られています。







P1090133[1]
P1090164[1]
P1090158[1]





ボタンの独特で印象的なデザインもそうですが、
その素材につきましても
質感や特性がさまざまです。


なので――







P1090118[1]
P1090167[1]





シンプルな服装に合わせた時など特に、
しっかりとした存在感を放ちますね。


そこにアンティーク・ヴィンテージならではの
風合いがしとやかな上品さを加えているように感じます。







――小さなボタンから始まる
トキメキの世界を感じていただければ幸いです。――


これが製作者である大熊郁代さんの想いです。





『アンティーク・ビンテージボタンアート・アクセサリー展』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。





それでは、
COAでした。

19:57 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『寝てもさめてもmakoT(シャツ)展』スタートです


6月に入りまして、
新しい企画展が始まりましたので
ご案内させていただきます。


衣替えの頃ということもあり
半袖で過ごすことが多くなったこの時期に
ピッタリの企画展でもあります。







  Tシャツ[1]


『寝てもさめてもmakoT(シャツ)展』

2017年6月3日(土)~6月25日(日)




企画展タイトルにありますように
今回の作家様は――







P1080950[1]
P1080924[1]
P1080928[1]


mako (デザイナー)


                            <敬称略>


です。







今年もmakoさんのTシャツの季節が
やってきました。


新作もあわせ、100点以上のTシャツや
トートバッグなどが展示されています。







P1080915[1]
P1080936[1]
P1080930[1]





シンプルかつ素朴ながら、
印象的で童心に帰るような可愛らしいデザインたち。


あなたにとってお気に入りの一枚が見つかれば
幸いに思います。




また、makoTを着てギャラリーに訪れたお客様には
プレゼントを贈らせていただいております。







P1080987[1]
P1090016[1]





ギャラリー2階では、
傘やレインウェアなどの雨具を置いています。


もうすぐ梅雨に入りますし、
こちらもご覧になっていただければと思います。






P1080994[1]
P1090012[1]





下から透かせて見ても鮮やかな傘や
車内などで重宝する傘入れなど。


雨続きでも楽しい気分で過ごせそうですね。







P1080912[1]





また、企画展開催中の毎日曜には
BANYORIがやって来て、飲み物を販売しています。


画像のイラストにあるような
パラソルの付いた小さくかわいらしい移動屋台が目印です。


6/4、6/18には
べジッポさんのコールドブレスジュース。
6/11、6/25には
菊地さんのコーヒーと紅茶が来ます。





P1080956[1]
P1080959[1]





『寝てもさめてもmakoT(シャツ)展』、
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1090018[1]





それでは、
COAでした。

23:22 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『JAPANESE MODERN』スタートです





COAです。

5月の企画展のご案内をさせていただきます。







       japanese modern[1]


『JAPANESE MODERN』


2017年5月9日(火)~5月28日(日)





今回は個展となります。作家様は――







P1080902[1]
P1080888[1]
P1080882[1]


三桝 正典 (現代美術)




<敬称略>




です。







P1080819[1]





企画展タイトルにもあるジャパニーズ・モダン。


これは日本の伝統的なデザイン・素材・技術を用いて
再構成された現代美術のことです。


三桝様が目指されている形として、
過去の時代において「日本の美」というものが色濃く栄えた頃に焦点を当て、
そうした「日本の美」を現代へと繋いでいく、というものがあります。


それが現代の新たな「日本の美」へと繋がるのではないか、
とのコンセプトが「ジャパニーズ・モダン」なのです。







P1080894[1]





三桝様はさまざまなお寺や茶室、美術館――

桜下亭(広島:重森三玲作庭茶室)
蘭島閣美術館(白雪楼・広島)
瑞峯院(大徳寺・京都)
明喜庵(爽籟軒・尾道)
ひろしま美術館壁画(広島)
明星院(広島:上田宗箇流和風堂写)
頼山陽史跡資料館居室(広島)
露滴庵(国宝浄土寺・尾道)
洗心庵(なかた美術館・尾道)


といった場所で、襖絵、掛け軸、屏風絵などの作品を
発表されてきました。







P1080846[1]





このたびギャラリー器では、


1Fにジャパニーズ・モダン最新作として、
・市松模様でつぼみを描いた団扇
・アクリルで描かれた、桜をモチーフとした和模様
など


2Fには2006~2016の期間において、
作品制作の下絵、アイディア、デッサンなど、
未公開のドローイングを展示しています。







P1080866[1]
P1080860[1]
P1080870[1]





三桝様が目指すジャパニーズ・モダンの世界、
ぜひご覧いただければと思います。







P1080873[1]





それでは、
COAでした。

19:19 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑