FC2ブログ

企画展『アンティーク ヴィンテージボタンアートアクセサリー展』スタートです



10月も半ばにさしかかり、
徐々に風も冷たくなってきました。


これからどんどん秋めいてきますね。
秋の空気はとても好きです。


さて本日は新しい企画展のご紹介をさせていただきます。







       ボタンアート展大[1]


『アンティーク ヴィンテージボタン アートアクセサリー展』


2018年10月13日(土)~10月28日(日)





このたび参加してくださったのは――







P1100543[1]
P1100549[1]
P1100537[1]


大熊 郁代(ボタンアート作家)





<敬称略>





です。







P1100559[1]
P1100546[1]
P1100552[1]







ボタンアートという言葉が示す通り、
さまざまなボタンを組み合わせて
ネックレスやイヤリングなどの別のアクセサリーに仕上げています。


大熊郁代さんのボタンは、
大熊さんが長年に渡り収集してきた
ヨーロッパのアンティーク・ヴィンテージボタンを
主に使って作られています。







P1100571[1]
P1100568[1]
P1100565[1]







ボタンの独特で印象的なデザインもそうですが、
その素材につきましても
質感や特性がさまざまです。


なので――







P1100540[1]







シンプルな服装に合わせた時など特に、
しっかりとした存在感を放ちますね。


そこにアンティーク・ヴィンテージならではの
風合いがしとやかな上品さを加えているように感じます。







――小さなボタンから始まる
トキメキの世界を感じていただければ幸いです。――


これは製作者である大熊郁代さんの想いです。





『アンティーク ビンテージボタンアート アクセサリー展』。
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1100574[1]







それでは、COAでした。

20:20 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『SHUN YOSHINO White and Black』始まりました



こんにちは。
COAです。


新しく始まりました企画展のご案内をさせていただきます。







  White and Black大[1]


『SHUN YOSHINO White and Black』


2018年9月22日(土)~10月8日(月)






今回の作家様は――







P1100494[1]
P1100500[1]
P1100514[1]

吉野 瞬




<敬称略>




です。







――この度、福山で初個展をさせて頂く運びとなり、
大変嬉しく思っております。ギャラリーの内装を一新した
“白の空間”に映える、シンプルで温かみがある
器を焼き上げました。


その他にも陶器の柄をモチーフにプロダクト展開している
ブランド『島縞 SIMA SIMA』の鞄を中心とした作品も
ご一緒にお楽しみ頂けると幸いです――

(DM葉書文より引用)







P1100479[1]
P1100476[1]
P1100488[1]







「華やかなものより日常の器に惹かれます。
 日常に小さなアートを差し込むような器を作りたい」。


そう考え作品作りに取り組む吉野さんは
広島、大阪、東京など各地で精力的に個展を開いており、
今回はそんな吉野さんの福山での初個展となります。







P1100520[1]
P1100523[1]
P1100497[1]







「島を囲む海のように」。


特別な粘土や釉薬は使わず自然の素材で出来た
普段使いの器。


それは暮らしに優しくそっと寄り添うようにと
ひとつひとつに吉野さんの思いが込められたものです。


そこには瀬戸内の自然豊かな島・人の温もりをも
感じられるようで、手によく馴染みあたたかみがあります。







P1100528[1]







吉野瞬さん個展『SHUN YOSHINO White and Black』――


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。


それでは
COAでした。

22:24 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『zuca バッグのカ・タ・チ 2018』スタートです



改装のためしばらくお休みしており、
ご迷惑をおかけしました。


現在ギャラリーでは内壁の色が変わり、
雰囲気がガラッと変わっております。


さて本日は新企画展の
ご案内をさせていただきます。






  バッグのカタチ大[1]


『zuca バッグのカ・タ・チ 2018』


2018/9/1(土)~9/17(月)




今回の作家様は――







P1100423[1]
P1100429[1]
P1100436[1]


zuca (バッグ)




<敬称略>


です。







神戸の自宅工房にて作品作りをされているzuca様は
その工程の全てを一人で手作業で行っておられます。







P1100438[1]
P1100458[1]







一点一点を一人で仕上げるので
もちろん時間がかかるのですが、
ハンドステッチによって表現されるふっくらとしたフォルム、
ビーズや刺繍によるアクセントなど
細かいところまで丁寧にこだわりを加えています。







P1100444[1]
P1100447[1]







バッグの他にこんな小物も。







P1100455[1]
P1100466[1]







zucaバッグは年を重ねるほどに深い色合いに変化し、
丈夫で型崩れしにくいといわれる
フルベジタブルタンニンレザーを使っています。


きっと使い込むほどに愛しく思えてくるzucaバッグ。
ぜひ手にとってご覧いただきたいと思います。









また、期間中にワークショップも開催されますので
あわせてご案内致します。







       コインケースワークショップ[1]


『ファスナーの革コインケースをつくろう』


日時:9月16日(日) 13:30~15:30
   9月17日(月) ①10:30~12:30
           ②14:00~16:00

参加費:2800円(材料費含む)
定員:各5人(要予約)





使い込むほどにやわらかく艶のでる革で
手縫いのコインケースを作ります。
キャメル・チョコ・グリーン・レッドから
予約の際にご希望の色をお伝えください。





電話  :084-956-0117 または
     090-4149-6125
e-mail:u-tu-wa@jade.plala.or.jp






P1100453[1]


それでは、COAでした。

18:07 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

お休みのお知らせです

現在、ギャラリー改装中のため
以下の期間お休みとさせていただいております。


ご迷惑をおかけしますが、
なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。




2018年8月14(火)~8月31日(金)






また、9月1日(土)より
新企画展『zuca バッグのカ・タ・チ 2018』が
スタートします。




  バッグのカタチデザイン面
23:53 | その他 | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『藍×life』スタートです



猛暑の日々が続く中、
爽やかな色と空気で包まれた
企画展が始まりました。


ご案内させていただきます。







  藍×life大[1]


『藍×life』


2018年7月28日(土)~8月12日(日)





梅阪 尚美 染色個展







P1100375[1]
P1100393[1]
P1100381[1]





尾道在住の染色家、
梅阪尚美さんの植物染の個展となります。


しまなみの草木と庭で育てられた藍草の植物染が、
優しく暮らしを包みこんでくれるような……
そんな作品作りをされています。







P1100366[1]
P1100371[1]
P1100396[1]





本藍染は、原料として19代続く佐藤阿波藍製作所の
スクモ藍と木の灰汁などを使用。


さらに天然灰汁発酵建てして7日ほどかけて作った
染料で染めてあります。


柔らかく、自然の中で呼吸しているような風合いを持つ布からは、
しまなみの自然に包まれた植物本来の色と力を
感じることができます。







P1100358[1]
P1100360[1]





企画展『藍×life』。
穏やかな海と澄んだ空を感じさせる染めを、
ぜひ体感していただければと思います。







P1100387[1]





それでは、
COAでした。

16:29 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑