FC2ブログ

企画展『にじいろ絵描き てじまともこ展』スタートです



新企画展のご案内です。







  てじまともこ個展デザイン[1]


『にじいろ絵描き てじまともこ展』


期間:2019/9/28(土)~10/14(月・祝)







今回の作家は――






DSC_0084[1]
DSC_0102[1]
DSC_0085[1]

てじまともこ





<敬称略>


です。







てじまともこさんは北海道在住の作家で、
カラフルな色使いとグラデーションを用い
明るく優しい、幻想的な作品を制作されています。







DSC_0083[1]
DSC_0100[1]







一枚の絵の中に多様な色を
散りばめ滲ませることで表現される光の世界は
まさに「にじいろグラデーション」。


夢のような幻想的なイメージが
優しく心を和ませてくれます。







DSC_0092[1]
DSC_0093[1]
DSC_0096[1]
DSC_0087[1]







水彩画、タペストリーの他にも、
アクリルペイント、アクセサリー、
スマホケースといったイラスト雑貨なども並んでいます。







DSC_0103[1]







イラストレーターとして個展の他に、
ワークショップや自作絵本を子供に読み聞かせるイベントなど
精力的に活動しておられるてじまともこさん。


自分の作品に込めた想いが見る人の心に届くよう、
そう願って活動されています。


『にじいろ絵描き てじまともこ展』……
ぜひお越しになってご覧いただければと思います。






それでは、
COAでした。
17:23 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『42歳っ展』始まりました



新企画展のご案内です。







        42歳っ展[1]


『42歳っ展』


期間:2019/9/7(土)~9/23(月)
(※最終日9/23は17時まで開いています)







今回の企画展は作家による通常の作品展とは趣が異なります。
参加してくださったのは――







DSC_0049[1]
DSC_0052[1]

今岡 麻住







DSC_0067[1]
DSC_0069[1]

島 大樹







DSC_0061[1]
DSC_0063[1]

鈴木 大孝







DSC_0054[1]
DSC_0058[1]

高岡 征洋







DSC_0044[1]
DSC_0066[1]

右下 誠





<敬称略>





です。







さかのぼること五年。
2014年に開催した『37歳っ展』という
企画展がありました。


その名の通り、
福山市で活動されている
いろいろな37歳の方たちが集い、
「自分」を発表した、
ジャンルを越えた展示会でした。


そして月日が経ち、今回の『42歳っ展』。
今一度集い、
各々の経緯や物語を発表します。







       42歳っ展フライヤー02[1]








参加してくださった皆様のプロフィールです。


37歳っ展の時も書いたことですが、
ひとりひとりが
歩んできた方向も違えば、
見てこられたものも違います。


それぞれの42年……
彼らは今どういったことを考え、感じながら
活動されているのでしょうか。


さまざまな42年の想いや軌跡が感じられる
『42歳っ展』。
ご覧になっていただければと思います。







また、期間中いろいろなイベントがありますので
あわせてご紹介しておきます。







42歳っ展ワークショップ[1]







詳細は画像の方でご確認いただければと思います。
どうぞお気軽にご参加ください。







お問い合わせ等は

電話  :084-956-0117 または
     090-4149-6125
e-mail:u-tu-wa@jade.plala.or.jp








       DSC_0041[1]







それでは、
COAでした。

18:41 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『一真窯の器 波佐見焼』始まりました



新企画展のご案内です。







  波佐見焼大[1]


『一真窯の器 波佐見焼』


期間:2019/8/24(土)~9/1(日)







このたび参加してくださったのは――







DSC_0095[1]
DSC_0083[1]
DSC_0085[1]
DSC_0081[1]

眞崎 善太(一真窯)





<敬称略>




です。







波佐見焼(はさみやき)とは、
長崎県東彼杵郡波佐見町で焼かれる磁器のことです。


丈夫で扱いやすく、比較的安価なため
シンプルかつおしゃれな普段使いのうつわとして
近年人気が高まっています。







DSC_0093[1]
DSC_0103[1]







一真窯の眞崎さんも波佐見町で
長年試行錯誤を繰り返しながら
さまざまな器を作り上げてこられています。


一真窯の代表的なデザインとなっているのは、
真っ白な器にさまざまな模様を手彫りしたもの。


素焼き前の器の表面をカンナで少しずつ削って、
ストライプ、ボーダーを基本に色々なリズムで模様を刻んでいきます。







DSC_0092[1]
DSC_0102[1]
DSC_0089[1]







シンプルな中に秘められた
オンリーワンな匠の技と想い。


ぜひお越しになってご覧いただき、
出来れば生活の中で使って感じていただければと思います。







それでは、
COAでした。

20:10 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑

ギャラリー夏季休業のお知らせ

       お休み20[1]


ギャラリー夏季休業のお知らせ


誠に勝手ながら以下の期間、
ギャラリーは夏季休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、
ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。


2019年8月5日(火)~8月23日(金)


8月24日(土)より新企画展、
『一真窯の器 波佐見焼』が スタートします。
17:25 | その他 | trackbacks (0) | edit | page top↑

企画展『いろ・かぜ 二人展』始まりました



新企画展が始まりましたのでご案内致します。


雨の多い最近でありますが、
ギャラリー内は企画展の作品のおかげで
まるで風が吹き抜けたかのように
爽やか、涼し気な雰囲気になっています。







         いろかぜ二人展大[1]


『いろ・かぜ 二人展』


2019/7/20(土)~8/4(日)







このたび参加してくださったのは――







P1110561[1]
P1110585[1]

中野 由紀子(ガラス)







P1110615[1]
P1110610[1]

小林 泰子(テキスタイル)





<敬称略>





です。







P1110588[1]
P1110570[1]







過去にも数度ほど参加してくださいました、
中野さんのガラス作品。


涼しげである一方で
いつでも変わらずそこに佇んでいてくれるような優しさも感じます。


日常に溶け込み、
ふとした折に目を留め癒やされるような、
可愛らしく繊細な作品達だと思います。







P1110567[1]







このようなガラスのアクセサリーなども。







P1110620[1]
P1110624[1]







小林さんによるテキスタイルを用いたオブジェ作品です。


自然の中で見つけた断片、石や木の葉、枝、卵の殻などに
自ら染色した糸を巻いてオブジェを制作し、
それらを複数集合させて空間をつくります。


さまざまな色やグラデーションを使い、
見たもの、触れたもの、感じたものを表現されています。







P1110579[1]
P1110606[1]







繊細で素敵な作品たちが佇む『いろ・かぜ 二人展』。


ぜひお越しになってご覧いただければと思います。







P1110597[1]
P1110612[1]







それでは、
COAでした。

21:27 | 企画展のお知らせ | trackbacks (0) | edit | page top↑